特定技能の飲食料品製造業の概要

2019年4月より特定技能制度の開始し、
飲食料品製造業も早い段階から開始されます。

本記事では特定技能実習の宿泊業の概要、背景、職務内容について紹介します。
なお、特定技能制度については、下記の記事もご覧ください。
参考:「特定技能とは?制度の概要や特徴について」

飲食料品製造業の人材の状況

飲食料品製造業は
事業所数及び従業者数が製造業の中もっとも大きく、
労働市場において大きなボリュームを占める業界です。
有効求人倍率は⒉78倍で人材が不足しています。
飲食料品製造業分野では向こう5年間で7万3千人の人手不足が生じると予測されています。

飲食料品製造業分野における特定技能ビザによる外国人就労者の受け入れ見込みは五年間で最大3万4千人です。

飲食料品製造業の技能実習生について

特定技能ビザが導入された直後の数年間は
飲食料品製造業技能実習生からの移行すると考えられます。
その後、少しずつ海外から直接労働者を招聘することも行われるようになるでしょう。

具体的には、技能実習の職種の「缶詰巻締」「加熱性水産加工食品製造業」「非加熱性水産加工食品製造業」「水産練り製品製造」「牛豚食肉処理加工業」「ハム・ソーセージ・ベーコン製造」「パン製造」「そう菜製造業」「農産物漬物製造業」などが対象です。

参考:技能実習生の移行対象職種の一覧と【全項目詳細あり】

特定技能の飲食料品製造業の資格

全職種共通の条件として、どちらかに該当しなければなりません。

  • 技能実習修了者
  • 日本語がN4レベルで、専門的なスキルや経験があること

「飲食料品製造業技能測定試験(仮称)」は国内に10か所で実施されます。

当該職種に係る第2号技能実習を修了した者については、
業務で必要とされる一定の専門性・技能を有し、即戦力となるに足りる相当程度の知識又は経験を有するものと評価され、試験は免除になります。

技特定技能ビザの場合は、各飲食料品製造業者の経営状況が審査対象となります。
中小企業よりも大企業の方が審査は通りやすいです。

 

特定技能の飲食料品製造業の業務内容

特定技能の業務内容は
「飲食料品製造業全般の製造・加工、安全衛生」業務に従事できます。

    関連記事

    1. 介護の技能実習生・特定技能・外国人労働者について

    2. 特定技能を受け入れ企業の方法と条件

    3. 技能実習と特定技能の違いについて説明

    4. 特定技能とは?制度の概要や特徴について

    5. 外国人労働者・技能実習生の受け入れ業種と特定技能の14業種

    6. 特定技能の外食業の概要

    広告

    1. 技能実習制度を検討している方が最初に読む記事

      2019.02.16

    2. 技能実習制度についてよくある質問一覧【面接と研修】

      2019.01.19

    3. 技能実習制度についてよくある質問一覧【その他】

      2019.01.20

    4. 技能実習制度についてよくある質問一覧【就業規則】

      2019.01.19

    5. 技能実習制度についてよくある質問一覧【受け入れまでの流れ】

      2019.01.19